集合住宅に住む事のデメリット

同じ賃貸住宅に住んでいる人との人間関係が大事

集合賃貸住宅に住む時には、同じ賃貸住宅に住んでいる人との人間関係が重要です。もし、隣の部屋の人と何かしらトラブルになってしまったり、関係性が良くないと住みにくい状態になります。そこで、同じ集合住宅に住んでいる人と敷地内ですれ違った時には挨拶をしてなるべくお互いの関係性を良くするように心がけましょう。挨拶をする事によって、良い印象を相手に与えることができてあまり会話しなくても良い関係を築き上げることが可能です。

逆に挨拶をまったくしないでいると、関係性が悪くなりトラブルが起きやすい状態になってしまう事があります。このように、集合住宅は同じ住宅に住む人との関係が悪くなってしまうと何かとマイナスに働くデメリットがあるのでそれを防ぐように努力しましょう。

集合住宅に住む時には火災に注意

集合賃貸住宅に住む時には、火災に注意する必要があります。いくら自分が注意していても、他の部屋の人の不注意によって火災が発生する可能性があります。これが集合住宅に住むデメリットになるので、必ず火災保険に加入するようにしましょう。特に大型マンションになると住んでいる人数が多い分、火災が発生する可能性がある事を常に意識して生活していくことが必要です。そこで、火災が発生した時はどこから避難すれば良いのか非常口などを必ず確認しておきましょう。

また、火災対策をしている集合住宅だと例え火災が起こっても無事に避難できる可能性が高いです。もちろん、火災にならないように多くの人が注意しているので火災が起きる可能性は大型マンションでも確率が低いですが万が一の時に供えて準備しておく事が必要でしょう。