集合住宅に住む際はアパート・マンションどちらのほうがいいか

家賃の安さで選ぶなら賃貸アパートは魅力的

賃貸物件を探す時に集合住宅を希望している場合は、アパートとマンションのどちらかを選ぶことになります。賃貸アパートに向いているのは家賃の負担を抑えたいと考えているタイプです。賃貸アパートとマンションは構造や設備などの違いから家賃に差があります。駅までの距離や築年数によってはアパートの方が高い家賃になることはあるものの、同じ条件ならマンションの方が高くなるケースは多いです。

そのため、家賃の安さを第一の条件にしているのであれば、賃貸アパートに絞って物件情報をチェックしましょう。ただ、マンションよりアパートの方が件数が多いことから情報をチェックする作業に時間が必要になるので、なるべく早めに探し始めることが満足するためのポイントです。

防犯面や防音性能を重視するなら賃貸マンションを選ぼう

集合住宅を選ぶ際に賃貸マンションが向いているのは防犯面や防音性能を重視するタイプです。アパートに比べてマンションは5階建てや10階建て、20階建てなど高さがある分、泥棒に侵入されるリスクは低くなりますし、オートロックや防犯カメラといった設備はアパートよりも充実している場合が多いので、安全に暮らせる環境が整っています。

また、防音性能は木造のアパートより鉄骨や鉄筋のマンションの方が高いです。そのため、自分や近隣住民が発する生活音をできるだけ気にせず生活したいならマンションをおすすめします。ただ、防音性能が高いからといって大きな声で話をしたり、遅い時間帯に洗濯機や掃除機を使用したりなどすれば、近隣住民に迷惑をかける可能性があるので注意が必要です。